回覧板:霊鳥報

・2011年06月21日(火)
【コンピューター監視法が17日に成立しました。】

6月17日に、
自民党・公明党・民主党が主体と成ってコンピューター監視法が可決されました。


この法律は、報道規制されているから、いつから施行されるかは不明です。
しかし、少なくとも、これで、

「全ての国民のコンピューターや携帯電話が、日本警察や自衛隊情報科の監視下に置かれる」
と決定しました。


既に、公安警察(警察の反テロ部門)はインターネット上の監視強化を実行しています。


ソフトバンクなど携帯会社とも、情報の共有化を約束しています。


http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/73c8d0b8862a3b080e300613676bd15c


日本のインターネットから自由は無くなりました。
石原慎太郎都知事の漫画規制も7月1日から本格的にスタートします。


公安警察と自衛隊情報科による、ネットを使った国民の監視。それが実現しました。


メールは政府に盗聴されます。
Amazonの購入履歴も記録されます。

また警察や自衛隊を批判するブログや掲示板は当然、
「謎の攻撃」を受けるでしょう。


6月17日のインターネット規制の開始劇は全く報道されません。
マスコミはスポンサーの宣伝しかやらないのです。


とりあえず、我々は組織の目標を優先させるために、
コンピューター監視法には積極的な反対工作はやりません。


今の我々のやるべき事は、
組織の拡大だからです。


しかし、構成員が一応確認しておくべき重大な法案です。
インターネットを利用するさいに、常に警察や自衛隊からの監視を気にする必要が有ります。


ネット右翼は形だけの人権擁護法反対運動を展開しますが、
今回のコンピューター監視法には大半が反対しませんでした。

ネトウヨは自民党の宣伝マンなのは既にバレてますが、
ここまで露骨だったとは。



(続きは関係者委員部にて)


筆・雪野




01:57






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++