【99.初対面】

マンガでは
ツッコミの前での
私の思考は
かなり簡潔に描かれているが
実際は恐ろしいぐらい
悩みに悩み
わけのわからぬ方向へ
考えが飛んでしまう始末

ヒロイン(何考えてんだ自分
全然関係ない方に
行っちゃってたよ)

思考の迷宮で
迷子になってしまった私は
ハッと我に返る

ヒロイン(自分から
挨拶しなきゃ)

そして思考も現実に戻る

でも
変な無言のタイムロスのせいで
人見知りの私は
余計に自分からは
声が掛けづらくなっていた

そんな変な葛藤をしてると
ツッコミは
おもいっきり顔をそらし
怒った感じで
私を避けるように
その場から去って行った

あの時
私は確かに無言だったけど
実は頭の中では
めちゃくちゃ早口で
いろんなことを
しゃべっていたんだよ!!!

なのにツッコミが怒って
私を避けるようように
立ち去らなくても
いいじゃないかッ


あんな態度をとったツッコミ
でもあの時ツッコミも
何を思ったのか
聞けるものなら
聞いてみたい

ついでに
私の第一印象も…

_ _ _ _ _ _ _ _







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++