Sing屶゚

青いベンチ(:サスケ


君は来るだろうか
明日のクラス会に
半分に折り曲げた
「案内」を
もう一度見る
つきあってた頃
僕ら手を
つなぎながら
歩いた並木道
たくさんの人がゆくよ
ああ いつも僕が待たせた
駅で待つはず無い
君を捜すけど

この声が
枯れるくらいに
君に好きと
言えばよかった
会いたくて
仕方なかった
どこにいても
何をしてても

夕方の雲が
ホームの空を抜ける
この街で僕は
夢を見て旅している
ああ 青いベンチ腰かけ
君が手をふった
あの日思い出すよ

この声が
枯れるくらいに
君に好きと
言えばよかった
もう二度と
戻らない恋
痛みだけが
ちょっと動いた

ああ 季節は
思ったよりも進んでて
思いをかき消してく
気づかない程遠く

この声が
枯れるくらいに
君に好きと
言えばよかった
会いたくて
仕方なかった
どこにいても
何をしてても

この声が
枯れるくらいに
君に好きと
言えばよかった
もう二度と
戻らない恋
痛みだけが
ちょっと動いた



[先頭ページを開く]
[指定ページを開く]






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ